大雪だ!風俗に避難だ!

やっぱり「特別」かな

ソープはやっぱり特別な風俗だなと実感させられます。遊ぶ前の段階ではフラットなんですよ。ソープだけじゃなく、他の風俗もJ含めて何で遊ぼうかなって思うんですけど、でもソープで遊ぶと「やっぱり特別だ」と感じるのは、それだけのポテンシャルを持っているからこそかなって。そのポテンシャルの高さというのは女の子のレベルもありますけど、女の子が生み出す極上空間ですよ。あの空間というのはソープだけでしか得られないものなんです。それは間違いないというか、ソープだけでしか味わえないことがある以上、そこを求めるならソープで遊ぶしかないんです。でも、それを求めていないとしてもソープで遊ぶと、ソープって素晴らしなということに気付かされると思いますけどね(笑)遊んでみて気付かされること、改めて実感することが多いので、自分自身、心からの最高の満足を求めている時にはソープで遊ぶことが多いです。ソープは間違いないという確信もありますし。

むしろ相性は大きいと思ったんです

風俗では相性の問題も結構大きいのかなと思っています。むしろ風俗で遊べば遊ぶほどに、相性の問題と言うのは実はとても大きな物なんだなってことに気付かされるというか、そこはやっぱりもっと真剣に考慮すべきなのかなと。ただ、相性と言うのは実際に肌を合わせてみないと分からない部分でもあるだけに、ホームページを見ただけではなかなか判断出来ないのも事実じゃないですか。そこをどうするのかですかね(笑)自分でもある程度自分のスタイルは分かっていますので、後はスタイルが合うのかどうか。そしてスタイルが合致した上で性格など、その他の部分がマッチするのかってことを考えることが求められるよなって思いますね。蓋を開けてみないと分からないことが多いのが風俗ですけど、開ける前の段階である程度分かることがあるので、その点はしっかりと整えておくべきなんじゃないのかなと言う気持ちもあるんです。それもある意味ではとっても大切かなって。