大雪だ!風俗に避難だ!

相手よりも実は自分。それが風俗の常識

確かに風俗嬢選びでこだわりを持つのは大切と言うか、相手によってどんな時間になるのかある程度決まる以上、相手にこだわりを持つのは不思議ではないですし、良く分かる話ではあるんですけど、ただ「相手だけ」ではないのも事実ですよね。特に自分です。むしろ風俗だって自分の気持ちがある程度左右されるというか、どういった展開になるのかは本当に自分次第な面の方が強いんじゃないですかね。どれだけ上玉と呼ばれる風俗嬢を相手にしたとしても、自分の態度が悪くて相手の風俗嬢の機嫌を損ねたり、あるいは相手のモチベーションが下がってしまったら意味が無いじゃないですか。相手は仕事なんだからと思うかもしれないですけど、じゃあ自分は常に仕事のモチベーションは高いのかって話ですよね(笑)だからある程度女の子のことも考えたり、女の子の機嫌を損ねないような態度や言動を心掛けるだけでも満足度は全然違うものになるんじゃないのかなって思いますよ。

遊ぶなら風俗は「適役」です

「男の夜遊び」もいろいろとありますけど、その中でも風俗こそ圧倒的と言うか、適役そのものなんじゃないのかなって思いましたね。だからか、風俗で遊ぶ機会は多いです。単純な話なんですけど、風俗に限らずどんなことであれお金を払うということは、その料金分の期待値があると思うんですよ。納得して支払うとはいえ、期待値もありますし、後払いのサービスであれば実際にサービスを堪能した後に支払うので「勿体なかった」と感じてしまうこともあるんじゃないですかね(笑)そういったことを考えると、風俗にしておくのが無難なんじゃないのかなって思うようになったんですよね。風俗であれば満足感があるのは間違いないし、もっと言えば支払ったお金分の満足は得られるという確信のようなものもあるんですよね。だから風俗で遊んでおけばとりあえず間違いないだろうとの確信に近いものがありますので、男の夜遊びとしてはこれ以上のものはないのかなって思っています。